するるのおめぐ実は、妊娠中の妊婦が飲んでも大丈夫?

するるのおめぐ実は、妊娠中の妊婦が飲んでも大丈夫?

 

単刀直入に言います。
ご心配いりません!

 

むしろ、むくみ(浮腫)対策にオススメです!

 

妊娠中に起こるむくみ(浮腫)は、妊娠中だけの一時的なものです。

 

妊娠すると12週目あたりから体内の血液が増えはじめ、34週目ころには、非妊娠時と比べて約40〜50%も血液量が増えます。

 

ただし、血中成分が増えているのではなく、水分だけが増えている状態です。

 

これは血液サラサラ状態にすることで血栓を防ぎ、胎盤と胎児に栄養が届きやすくなるメリットがあります。

 

しかし、血中水分量が増えれば、むくみやすい状態になります。

 

特に胎児が大きくなるにつれて、脚の付け根にある太い血管が圧迫され、脚にむくみが出てくるのです。妊娠後期に多くみられます。

 

普段むくみを感じたことがなかった私ですら、看護師さんから指摘がありました。

 

「足を上げて寝てみてくださいね」なんて言われましたが、そうそう寝てはいられませんよね?

 

マッサージも効果的ですが、セルフマッサージは前傾姿勢をとらなくてはならないので、お腹を圧迫してしまいます。

 

旦那さんや家族にしてもらうのも、時間の都合や気兼ねもあるでしょう。

 

しかし、サプリを妊娠中に飲むことをためらっている方も多いのでは?

 

妊娠中となると、服装や食事など色々と気を遣います。

 

母体の事もそうですが、妊婦さんが一番気になるのは、胎児への影響でしょう。

 

下手にサプリを飲んで何かあったら・・・と心配ですよね。

 

でも、ご安心ください!

 

『するるのおめぐ実』は、母体と胎児に悪影響のある成分を含んでいません。

 

原材料も自然由来で厳選されたもののみを使用、乳酸菌も配合されています。

 

母体の乳酸菌の数と質は、胎児の体内に備わる乳酸菌に比例します。

 

つまり、ママの体内に、たくさんの良い乳酸菌があれば、その菌が赤ちゃんの腸内にも移っていきます。

 

将来の赤ちゃんの健康にも一役買ってくれます。

 

出産後は、増えた血液の水分を速やかに排出し、傷ついた子宮に一早い回復を促すことができます。

 

妊娠中だけでなく、その後の産褥期・授乳中の対策にも『するるのおめぐ実』は活躍してくれます。

 

妊娠中は、心身共に敏感な時期です。

 

何事も無理をなさらず、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんとの生活を楽しんでください。

 

するるのおめぐ実は効果なし!?1ヶ月間飲んだ私の口コミを大暴露

 

page top