するるのおめぐ実 むくみ

するるのおめぐ実とむくみの関係とは!?

 

『むくみ』とは、体内で不要になり戻ってくるはずの水分が溜まってしまっている状態のことを指します。
心臓がポンプの働きをすることで、体内に流れる血液は動脈を通して水分や栄養を細胞へ供給する役目をしてくれています。


と同時に、細胞内で不要になった水分が静脈やリンパ管に戻ってきて、再び体内を循環します。(医療機関では循環器と呼ばれています)
しかし、静脈やリンパ管がスムーズに流れなくなると水分が循環できなくなり、排出すべき水分が体に溜まってしまい、むくみとして体に悪影響をおよぼしてしまうのです。

 

女性に多い症状といわれていますが、その理由として女性は男性に比べて筋肉量が少なく、心臓のポンプ機能を助ける役目が弱く、冷え性や血行不良も伴ってむくみが出やすくなってしまうためです。

 

むくみが足に出やすいのは、

足は心臓からの血管の長さが一番長く、ポンプ機能が届きにくくなるため。
人間は直立で活動する生物なので、血液が地球の引力により引っ張られるから

 

むくみは人間の構造上、誰でも起こり得る症状なのです。

 

 

するるのおめぐ実口コミも参考にしてください。